乳酸菌革命の副作用が心配なので、調べてみました!

腸内環境を整えて、便秘や下痢などの改善に効果が期待できる乳酸菌革命には、副作用があるのでしょうか?

乳酸菌サプリである乳酸菌革命に副作用があるのかについて調べて見ました!

乳酸菌革命は、薬(医薬品)ではありません!

結論として、乳酸菌革命の副作用を心配する必要はありません。乳酸菌革命は、薬(医薬品)ではなく、健康補助食品なのです。

副作用というのは医薬品(薬)の場合に現れる、期待する体に良い効果ではない、期待しない体に悪い効果のことを言います。

薬なので効果が高い反面、逆に体に与える悪い影響が出る確率が高くなるために起きることです。

 

乳酸菌革命は、サプリメントに分類され、健康を補助する役割があるのですが、食品になります。食品であるから、薬のように飲むタイミングや飲み合わせを気にする必要がありません。

医薬品ではないので、腸内環境が良くなっても、それを効果として記載することが出来ません。

私達が食事として食べる食品と同じなので、副作用というのは心配する必要がないということが言えるのです。

乳酸菌革命と便秘薬(下剤)との違い

便秘を改善するのにサプリメントの乳酸菌革命もあれば、医薬品に分類される便秘薬(下剤)もあります。

サプリの乳酸菌革命も医薬品の便秘薬(下剤)もどちらも、腸を刺激してぜん動運動を活発にすることで便を腸から肛門まで運んで排便を促します。

乳酸菌革命と便秘薬(下剤)の作用の仕方を比較してみると、以下の通りです。

乳酸菌革命の場合

腸内環境を整え善玉菌が元気になることで、その善玉菌が作り出す乳酸や酢酸によって、腸内が悪玉菌の嫌いな弱酸性に保たれます。

弱酸性の環境は大腸に刺激を与え、腸のぜん動運動(便を腸から肛門へ運ぶ動き)を活発にします。

自然な腸のぜん動運動と言うことが出来ます。なので、副作用を心配する必要は、ありません。

便秘薬(下剤)の場合

小腸や大腸を直接刺激する医薬品の成分が、無理やり腸のぜん動運動を働かそうと働きかけます。

強制的な腸のぜん動運動と言うことが出来ます。したがって、副作用が起きる可能性が高いです。

実際に試してみました

そうは言っても、実際に試してみないと本当のところはわかりません。なので、実際に乳酸菌革命を購入して試してみました。

乳酸菌革命のカプセルは長さ約17.6mmで直径 約6.1mmの大きさでが、何の抵抗もなく、問題なく飲めるサイズです。

毎日、夕食後に2粒飲むようにしていました。ずっと半年以上、飲み続けていますが、乳酸菌革命が原因で、お腹が痛くなることも、下痢になることも、体調が悪くなることもありませんでした。

便通が良くなったり、肌荒れが少なくなったり、風邪をひきにくくなったり、少し痩せてきたりなどの健康的に改善されることが多くありました。

さらに乳酸菌革命の良いところ

乳酸菌革命は、乳酸菌(善玉菌)の働きによって、腸内環境を改善して腸の働きを良くすることで、健康や美容が維持されるようになります。

化合物質を使った医薬品ではなく、乳酸菌の働きによるものですので、乳酸菌を摂り過ぎても、体に過剰であれば、排出されるだけなので、摂り過ぎも心配する必要はありません。

乳酸菌であれば、ヨーグルトでも摂れるのですが、乳酸菌革命はヨーグルトに比べカロリーが極端に低いので、カロリーオーバーを気にする必要もありません

乳酸菌は熱や胃酸に弱いのですが、乳酸菌革命の場合、生きて腸まで届く工夫がたくさんされているので、特に、胃酸の強い食前でなく、胃酸の薄まった食後に飲まなければならないということもありません。

まとめ

乳酸菌革命は、便秘の症状に対して便秘薬(下剤)のように飲めばすぐに排便できるようになる薬ではありません。

即効性は期待できませんが、腸内に乳酸菌(善玉菌)が徐々に増えることによって、腸内環境が改善されていくものです。

特に、副作用の心配をする必要はありませんが、飲めばすぐに効果が出るというものではないので、毎日継続して飲むことが重要です。

乳酸菌革命があなたの腸と相性が良ければ、毎日自然なお通じ(排便)をスムーズにできるようになるので、毎朝スッキリとして1日を始めることが出来ます。

そんな快便の毎日を想像してみてください。快適な生活・健康な生活を実現するために乳酸菌革命を試してみても良いかも知れません。

→ 乳酸菌革命を最安値で購入できるのは、こちらから